Coffee

【これで揃う】キャンプでドリップコーヒーを飲むのに必要なものは?淹れ方も

【これで揃う】キャンプでドリップコーヒーを飲むのに必要なものは?淹れ方も


キャンプで自分で淹れた本格コーヒーが飲みたい!


このような悩みに対して、お答えしてきます。

この記事を読むことで、朝のひんやりした空気の中で、香りがいい挽き立てのコーヒーを飲むことができます。


本記事の内容
・キャンプコーヒーで必要なもの7つ
・キャンプコーヒーを淹れる手順
・まとめ



家で飲むコーヒーもいいですが、自然の中で飲むコーヒーも格別ですよね。

インスタントではなく、豆から淹れたこだわりの1杯だと感動も倍増。あぁ、想像しただけで飲みたくなりました…(笑)


ぜひこの感動を味わってもらいたいと思い、コーヒー好きの僕がキャンプで使えるコーヒーグッズをピックアップしました!


キャンプ好きの方はコーヒーをこだわらないともったいない。本当に感動しますよ。


キャンプでドリップコーヒーを淹れるのに必要なもの・道具

コーヒー道具


キャンプでコーヒー豆からドリップコーヒーを淹れるには、最低でも7つの道具が必要です。

必要なもの

1.コーヒー豆・粉
2.コーヒーミル
3.コーヒードリッパー
4.コーヒーフィルター
5.ドリップポット
6.ガスバーナー
7.マグカップ



ここには書いていないですが、軽量スプーン温度計もあればベター。ですが、上記の7つを揃えればコーヒーを飲めるので、まず問題ありません。

7つの道具から試してみて、さらにこだわりが強くなったら集めてみてください。


では、それぞれのおすすめの道具を紹介します。

持ち運びや耐久性など考慮したよ!


1)コーヒー豆・粉


コーヒー豆は、スーパーや町のコーヒー豆屋さんから手に入るものなど、とにかくなんでもOKです。

ただし、コーヒー豆屋さんや、焙煎した豆をすぐに届けてくれるサービスを利用することがおすすめ。

焙煎してから日がたっていない豆は、より新鮮な味わいや、豆を蒸らしたときの膨らみを楽しめますよ。



僕がおすすめするコーヒー豆は、「珈琲きゃろっと」


「珈琲きゃろっと」では、数々の賞を取った焙煎人が焙煎した豆を味わうことができます。


関連記事>>【まずい?】珈琲きゃろっとの口コミ・評判は?誤解を解きます


複数の種類の豆があるので、お好みの豆を持っていくことが可能です。

注文が入ってから焙煎して届けてくれますよ!



ミルを持っていない場合は、コーヒー粉を持っていきましょう。

粉からお試しで飲んでみたい方はシーロースター のお試しパックがおすすめ。

たった400円(税込・送料込)で3種のスペシャルティコーヒーを飲むことができます。

関連記事>>【シーロースター】Croasterのスペシャルティコーヒーをレビュー

関連
シーロースター
【シーロースター】Croasterのスペシャルティコーヒーをレビュー

続きを見る


2)コーヒーミル


キャンプにコーヒーミルを持っていくなら、「ポーレックス」のコーヒーミルがおすすめ。

ステンレスのボディで耐久性に優れていることに加え、コンパクトなので持ち運びに便利です。


難点として、少し高価…。

もう少しリーズナブルの方がいいという方は、ハリオのコーヒーミルでもいいでしょう。

ポーレックスほどサイズや頑丈さはキャンプに適してないですが、コスパはかなりいいのでおすすめです。

関連記事>>【コスパ神!】ハリオの手動コーヒーミルMSCS-2Bレビュー|口コミ&評判も


以下の記事でも、おすすめのミルを紹介しているので興味があったらどうぞ!

関連
【コーヒー初心者】ミルの選び方とおすすめを紹介!失敗を避けたい人へ
【コーヒー初心者】ミルの選び方とおすすめを紹介!失敗を避けたい人へ

続きを見る


3)コーヒードリッパー


コーヒードリッパーは、荷物にならない以下の2つがおすすめ。


どちらも簡単にコンパクトに収納することができるため、持ち運びに便利です。


ちなみに、僕は家で「カリタ」の陶器製コーヒードリッパーを使用しています。


雑味の少ない軽やかなコーヒーを抽出することができとてもおすすめですが、キャンプに持ち運ぶにはサイズオーバーかもしれません。

関連記事>>【カップに直乗せOK】カリタの陶器製コーヒードリッパーをレビュー

4)コーヒーフィルター


フィルターは100均に売っているもので構いません。

「何人分のコーヒーを1度に作るか」という点で選び分けるといいでしょう。


5)ドリップポット


ドリップポットは、初心者でも安定したドリップができる、注ぎ口も細いものを選ぶといいでしょう。

おすすめは、「ハリオ」のV60ドリップケトル・ヴォーノ。


このポットは、直火にも対応しているので、焚き火やガスバーナーで直接お湯が沸かすこと可能です。

さらに、Amazonで約3,000円以内かなりリーズナブルなので、初めて購入するには良いでしょう。


関連記事>>【初心者向け】コーヒーのドリップポットおすすめ3選|選び方も解説

6)ガスバーナー


ガスバーナーがあると、お湯を沸かすにはかなり便利です。

キャンプ上級者であれば、焚き火からお湯を沸かすことは簡単だと思いますが、そうでない方はガスバーナーを揃えましょう。


おすすめは、「イワタニ」のジュニアコンパクトバーナーです。


このバーナーは火力も十分で扱いやすく、多くのキャンパーに愛されています。

専用ケースが付いていて持ち運び便利というのも加点の対象ですね。

7)マグカップ


マグカップは何でもいいと思われますが、そんなことありません!

結論から言うと、マグカップは「スノーピーク」がおすすめ。


見た目がおしゃれということも理由の1つなんですが、何よりキャンプ向けに作られているのがポイント!

サイズ違いでスタックすることができるので、収納力は抜群。

そして、一番のポイントは、直火OKなのでいつでも温めなおすことができる点です。

紙カップや他のカップでは直火がNGなのがほとんどなので、うれしいポイントだと思います。


とはいっても、保温力はそんなにないので、「釣りや移動中にコーヒーが飲みたいよ」という方は水筒もおすすめです。


軍用つくられたマグで、保温力と保冷力だけでなく耐久性にも優れています。

そのため、登山やキャンプなどアウトドアで使いやすく便利なのです。

関連記事>>【コスパ最高】コーヒー用水筒おすすめ9選|正しい入れ方もあります

関連
【コスパ最高】コーヒー用水筒おすすめ9選|正しい入れ方もあります
【コスパ最高】コーヒー用水筒おすすめ9選|正しい入れ方もあります

続きを見る


キャンプでドリップコーヒーを淹れる手順

コーヒと道具


先ほど紹介した道具でコーヒーを淹れる手順は以下のとおりです。

手順

1.「ガスバーナー」でお湯を沸かす
2.「コーヒーミル」「豆」を挽く
3.「ドリッパー」「ペーパーフィルター」をセット
4.挽いた「コーヒー豆」「ドリッパー」に入れる
5.「ドリップポット」「ドリッパー」にお湯を注ぐ
6.「ドリッパー」から「マグカップ」に抽出


基本的な手順は、上記の通り簡単。

しかし、ドリップは豆によって「蒸らし」の時間を変えたり、抽出する量を変えることで、味わいがかなり変化します。

その変化を楽しみ、自分のこだわりの1杯を淹れるのがドリップコーヒーの醍醐味でしょう。


まとめ:必要なものを集めてキャンプで格別のコーヒーを飲もう!


キャンプでドリップコーヒーを飲むために必要な道具について解説しました。

必要なもの

1.コーヒー豆・粉
2.コーヒーミル
3.コーヒードリッパー
4.コーヒーフィルター
5.ドリップポット
6.ガスバーナー
7.マグカップ


基本的には、家で使うものと変わりませんが、収納力や耐久性が優れたものを選ぶことが重要です。

ぜひ、挽き立てのいい香りがするコーヒーを自然の中で飲んでみてください。

キャンプの楽しみが増えること間違いなしです!


次の記事>>【豆から挽く】コーヒー初心者がはじめに揃えるべき道具一式を紹介

あわせて読みたい
【超軽量】道具1つだけ!キャンプで本格ドリップコーヒーを飲む方法
【超軽量】道具1つだけ!キャンプで本格ドリップコーヒーを飲む方法

続きを見る




-Coffee
-,

© 2021 Iwaken Blog