Coffee

【コスパ最高】コーヒー用水筒おすすめ9選|正しい入れ方もあります

【コスパ最高】コーヒー用水筒おすすめ9選|正しい入れ方もあります


外出中にもおいしいコーヒーを飲みたい。おすすめの水筒を教えて!


このような悩みに対して、お答えしてきます。

この記事を読むことで、家で飲んでいるお気に入りのコーヒーを、外出中にもそのままの味で楽しむことができるようになります。


本記事の内容
・コーヒー用水筒を持つメリット・デメリット
・コーヒー用水筒の選び方
・コーヒー用水筒おすすめ9選
・コーヒー用水筒の入れ方・使い方
・まとめ



毎日、コーヒーを外で飲むと結構お金かかりますよね。

僕も1日2.3杯は飲むので、500円以上かかってしまうこともありました。


そんなコーヒー好きの人は、コーヒー用の水筒を持つことで、お気に入りのコーヒーを「どんな時」「どんな場所」でも飲むことができますよ。


しかも、自分で入れるので1杯20円だけで。


コーヒー用水筒で持って、外でもお得にお気に入りのコーヒーを楽しみましょう!


おすすめ:コーヒー用の水筒を持つメリット

顔のコーヒー


水筒を持つことでいろんなメリットがあります。

メリット

好きなタイミングで飲める
買うよりも安くお得に飲める
カフェやコンビニで割引きされる


それぞれ詳しく説明します。

自分の好き時間・場所で飲める


一番のメリットは、好きな時間やどんな場所でもすぐに、お気に入りのコーヒーを飲めることでしょう。

ホット一息入れたいときに、コーヒーをすぐに飲めると嬉しいですよね。


また、登山やキャンプなどのシーンでは手軽に買えないことが多いので、すぐ飲みたい人は必ず持っておきたいアイテムです。

買うよりも安く飲むことができる


水筒を持つことは、とにかくお財布に優しいです。


外出先でコーヒーを買うと、自販機で100円前後、カフェだと一般的に400円とかかかります。

それが水筒を持つと1杯10円~20円で飲むことが可能。


節約家やお小遣いが限られている方なんかは、絶対にお得になりますよ。

毎日買うとかなりコストになりますよね…


マイボトルはコンビニやカフェでお得になる


これは、知らない人が多いのではないでしょうか。

実は、スターバックスや一部コンビニでは、水筒を持参すると割引になります。


スターバックスコーヒーでは20円。(詳細はコチラ
ローソンのマチカフェなら10円とかですね。(詳細はコチラ


コンビニコーヒーが好きという方は水筒を持って行った方がお得です。


ただし、店舗で使う際は、コーヒーマシンで使える高さ、入れられるコーヒーの量に制限があったり、そもそもダメということもあるので、事前に確認してしてください。

おすすめ:コーヒー用の水筒を持つデメリット

badと書かれた看板


一方で、水筒にコーヒーを入れたときならではのデメリットもあります。

デメリット

水筒内に雑菌が増えやすい
水筒にコーヒー臭がつく
コーヒーの味が変わる可能性がある


詳しく説明します。

水筒内に雑菌が増える


水筒は、直接口をつけて飲むことが多いため、雑菌が繁殖しやすい環境なんです。

水や緑茶ではそれほど心配はありませんが、コーヒーは甘さに比例して大きく菌が繁殖するとの実験結果もあるそう…。

水筒にコーヒー臭がつく


水筒のシリコンやゴムにコーヒーのにおいが付きます。


どの飲み物でも少なからずつきますが、においが強いコーヒーは一度入れると残ってしまうのです。


そのため、他の飲み物を入れても、コーヒーのにおいが気になってしまうというデメリットがあります。

コーヒー専用に水筒を準備すると問題なしですね。


酸化してコーヒーの味が変わる


コーヒーは、時間が経つと酸化して、味や風味が落ちてしまいます。


熱いコーヒーほど酸化しやすく、また、空気に触れる量が大きいほど酸化しやすい。


そのため、水筒にコーヒーを入れるときは、温度や量を考慮する必要があるのです。

おすすめの入れ方は、あとで説明しますね!


コーヒー用水筒のおすすめの選び方

choice


コーヒーを入れる水筒は、先ほど説明したデメリットを防ぐものに加え、どんなシーンで使うか考えたものを選ぶといいでしょう。


選ぶポイントをまとめると、

選ぶポイント

保温性がある
飲み口が大きい
使うのは屋内か屋外か
内部ににおいが移りづらい加工がされている
ゴムやシリコンのパッキンはない方がいい


おいしくコーヒーを飲みたいのであれば、保温性は外せないと思います。

コーヒー用水筒のおすすめ9選

ラテ


それでは、おすすめのコーヒー専用の水筒をランキング形式で紹介します。

先ほど述べた、おすすめの選び方を考慮したものを紹介しているので、参考にしてください。

コーヒーに適した水筒を選別しました!


第1位:カフア コーヒーボトル

カフアボトル


コーヒーのために作られたボトル。

容量は、420mlとカフェのトールサイズほどの大きさです。


世界初の技術である内部のテフロン加工により、ニオイ移りしづらく落としやすくなっています。


かわいいフォルムから、男女幅広い層で人気の商品。

ポイント

・保温&保冷
・リーズナブル
・420mlと大容量
・おしゃれなフォルム
・コーヒー特化のボトル
・ニオイ移りしにくい加工
・飲み口が広くコーヒーの香りを感じる



第2位:KINTO(キントー) トラベルタンブラー

KINTO


飲み心地の良さにこだわり設計された携帯タンブラー。

氷や熱い飲み物が勢いよく出ることを防ぐ構造になっているので、服を汚すなどの心配はありません。


8種類のカラータイプもあるため、職場やアウトドアに合わせて選ぶといいでしょう。

ポイント

・保温&保冷
・飲み口がとにかく優しい
・ニオイ移りしにくい加工
・8種類のカラーバリエーション
・ドリンクホルダーに納まるコンパクト
・飲み口が広くコーヒーの香りを感じる



第3位:INICコーヒー ステンレスボトル

INICコーヒーボトル


コーヒーのギフト商品で人気のINICコーヒーのボトル。

コーヒーブランドであるため、保温と保冷はもちろん、掃除のしやすさも考えられた水筒となっています。


スリムなボディは、バッグへの収納も簡単。

イニックロゴの入ったスリムなステンレスボトルは、おしゃれなカフェでより映えること間違いなし!

ポイント

・保温&保冷
・洗いやすい
・持ち運びがラク
・おしゃれなフォルム
・イニックロゴが入ったデザイン



第4位:パール金属 カフェマグ バリスタ

カフェマグ バリスタ


コーヒーを持ち歩くために開発されたマグボトル。

ダブルステンレス真空断熱構造になっているため、温度を長時間キープしてくれます。


飲み口は樹脂製ストッパがついていて、ホットだと口当たり柔らかで熱くなりすぎず、コールドは氷を飛び出しを防いでくれます。

ドバっと出ないので、飲みやすいのがうれしい!


ポイント

・保温&保冷
・リーズナブル
・外観がおしゃれ
・コーヒー特化のボトル
・飲み口が広くコーヒーの香りを感じる
・コーヒーや氷が一気に出てこないストッパー付き加工



第5位:BRUNO ステンレスボトル

ブルーノステンレスボトル


BRUNO(ブルーノ)の、日本の「柄」をデザインにあしらった、コップ付きステンレスボトル。

一見カラフルで若者向けと思われがちですが、伝統的な柄・文様をさりげなく施したデザインがとても個性的です。


THERMOS(サーモス)製の魔法瓶構造のため、保温&保冷も安心。

コップ付きなので、飲みやすくなっていますよ。

ポイント

・保温&保冷
・500mlと大容量
・コップ付きで飲みやすい
・伝統的な柄・文様の個性的デザイン



第6位:サーモス ステンレススリムボトル

サーモスステンレスボトル


水筒といえばで有名なサーモス。

魔法瓶構造なので保温も保冷力も安心です。


さらに、コップがついているので熱いコーヒーも飲みやすく、中せんはフルオープンで注ぎやすい形状をしているため、使いやすさもばっちり。


コンパクトサイズで持ち運びやすくなっています。

ポイント

・保温&保冷
・リーズナブル
・人気ブランドの商品
・口当たりが優しいコップ付き
・洗いやすくニオイ移りしにくい加工



第7位:STANLEY(スタンレー) ワンハンド真空マグ

STANLEYボトル


保温力と保冷力だけでなく、耐久性にも優れた真空断熱マグ。

片手でフタの開閉が可能で、主に登山やキャンプなどアウトドアで便利に使えます。

ボディのコーティングにより、スタンレー独特の重厚感と質感を演出しています。

軍用でも使われるほど丈夫なんだよ。


ポイント

・保温&保冷
・アウトドアで便利
・口径は50mmで洗いやすい
・片手で持ちやすいフォルム
・きわめて頑丈で優れた耐久性



第8位:木目調サーモステンレスボトル

木目調ステンレスボトル


世界に1つだけのマイボトルを作ることができる水筒。

好きなイラストや文字を自由に入れることができるため、あなた専用のマイボトルになります。


真空2層構造のステンレス製なので、保温保冷と性能にも問題ありません。

ギフトにもぴったり!


ポイント

・保温&保冷
・450mlと大容量
・木目調デザインでおしゃれ
・世界に1つだけのボトルを作れる



第9位:パール金属 直飲みステンレスマグ 200ml

カフェマグ


コーヒーを手軽に持ち歩くために作られたマグ。

容量は200mlと少なめだが、散歩のお供として持ち運ぶのに便利。


飲み口は樹脂製で、ホットだと口当たり柔らかで熱くなりすぎず、コールドは氷を飛び出しを防いでくれます。

ポイント

・保温&保冷
・リーズナブル
・持ち運びやすい
・おしゃれなフォルム
・4種類のカラーから選べる



コーヒー用水筒のおすすめの入れ方・使い方

コーヒーマシン


コーヒーの味を最大に活かす入れ方、水筒の品質をまもる使い方を紹介します。

ポイントは、

アイスコーヒーを入れること
ミルクとフレッシュは入れない
使い終わったらすぐに洗うこと


それぞれ詳しく説明します。

アイスコーヒーを入れること


コーヒーは、じわじわと冷える過程で酸化が進み、味がどんどん落ちていきます。

そのため、急激に冷やして作ったアイスコーヒーであれば、味が落ちることなく長時間おいしくも飲むことができます。


ただ、保温性の高い水筒であれば、ホットコーヒーでも長い時間おいしく飲めるでしょう。


アイスコーヒーの作り方はコチラの記事が参考になります。

関連
2つのアイスコーヒー
【3ステップ】家で簡単アイスコーヒーの作り方|作り置きレシピ公開

続きを見る


ミルクとフレッシュは入れない


ミルクやフレッシュも入れない方がいいでしょう。


なぜなら、ミルクのたんぱく質は菌が繁殖する原因となり、フレッシュは冷めるとコーヒーと分離し味が落ちるためです。


どうしてもミルクとフレッシュを入れたい方は、カップ付きの水筒を使い、飲むときに入れるようにしましょう。

使い終わったらすぐに洗うこと


水筒を使い終わったら、すぐに洗うようにしましょう。


家に帰ってから洗う方が多いですが、空になったらすぐに洗う方がベターです。

一時的に職場などの水道でゆぐだけでもOK。


においが残ってしまう場合は、重曹を入れてよく振ることで除去することができますよ。


まとめ:お気に入りの水筒で楽しいコーヒーライフを!


おすすめのコーヒー用水筒について解説しました。


正しくコーヒーを入れることで、外出中でもいつものコーヒーを「いつでもどんな場所でも」おいしく飲むことができます。


お気に入りの水筒を持つことで、さらにコーヒーがおいしくなりますよ。

次の記事>>【豆から挽く】コーヒー初心者がはじめに揃えるべき道具一式を紹介




-Coffee
-,

© 2021 Iwaken Blog