Coffee

【簡単】キャンプのコーヒーはエスプレッソ一択!ドリップよりもラク

【簡単】キャンプのコーヒーはエスプレッソ一択!ドリップよりもラク


キャンプでエスプレッソって飲めるの?。専用の機械が必要だったり色々難しいイメージだなぁ…


このような悩みに対して、お答えしてきます。

この記事を読むことで、普段キャンプ飲んでいるドリップコーヒーよりも「簡単でコクのあるおいしいエスプレッソ」を飲めるようになります。


本記事の内容
・エスプレッソとドリップコーヒーの違い
・エスプレッソ一択の理由3つ
・おすすめのエスプレッソメーカー
・「モカエキスプレス」を使った淹れ方
・使ううえでの注意点
・まとめ


エスプレッソは、カフェで見るような専用の機械がないと淹れられないと思っていませんか?

そのため、キャンプなどのアウトドアで飲むことはできないと思っている人は多いようです。


そんなことありません。

実は、家庭用の「マキネッタ」と呼ばれる手軽なエスプレッソメーカーがあれば、自宅でもキャンプでもエスプレッソを楽しめます。


しかも、マキネッタはドリップコーヒーよりも「少ない道具かつ簡単」に淹れることができるので、アウトドアとの相性は抜群。

そんな、キャンプでエスプレッソをおすすめする理由を解説します。


エスプレッソとドリップコーヒーの違い

2つのコーヒー


エスプレッソとドリップコーヒーの最も大きな違いは、「抽出方法」です。

それぞれの方法を簡単に説明します。

ドリップコーヒーの抽出方法

ドリップコーヒー


多くの方がイメージするであろう抽出方法です。挽いたコーヒー豆をドリッパーにセットし、ポットからゆっくりお湯を注いでコーヒー成分を抽出します。


ドリッパーの種類や蒸らしの時間など、道具や人の技術によって味が変化することが特徴。

この味の変化を楽しむことが醍醐味の1つですが、バリスタのような上級者ほどよりおいしいコーヒーを淹れることができます。

ましてや、キャンプのような高品質な道具がそろいにくい環境では難しいといえるでしょう。


関連記事>>【超軽量】道具1つだけ!キャンプで本格ドリップコーヒーを飲む方法

エスプレッソの抽出方法

エスプレッソマシン


エスプレッソは、専用の機械を使って高圧でコーヒー成分を抽出します。

スタバやドトールで、大きな機械を見かけた方はいるんじゃないでしょうか。

このイメージから「高価な機械が必要なんだ…」と思われがちですが、マキネッタを使うことによって個人レベルでもエスプレッソを淹れることが可能です。

しかも、ドリップよりも安価で簡単。この点についてはこのあと解説します。

キャンプで飲むコーヒーがエスプレッソ一択の理由3つ

三角形の図


では、「なぜ、キャンプでエスプレッソがおすすめ」なのか、理由を含め解説します。

理由1:超簡単につくれる


意外と思うかもしれませんが、エスプレッソは、ドリップコーヒーよりも簡単に作ることができます。

先ほど説明したように、ドリップコーヒーは道具や人の技術によって味が変化します。

そのため、「品質の良い道具を揃えにくいキャンプ」や「淹れ方が不安定な初心者」では上質な味を出すことが難しいんです。


一方で、マキネッタを使ったエスプレッソは、高品質な不道具や蒸らしのような技術は必要ありません。

手順は、マキネッタにコーヒーと水を入れて加熱するだけ。

たったこれだけで、誰でも美味しいエスプレッソを淹れることができます。

理由2:飲み方にバリエーションがある


エスプレッソは「量が少なくて苦い」という印象を持つ人が多いようですが、いろんな飲み方があり楽しみかたも様々

そのバリエーション豊かな便利さから、「イタリアでは全家庭にマキネッタがある」とのこと。

例えば、キャンプでマキネッタを使った飲みやすい方法といえば、以下の3つといえるでしょう。


そのまま飲む
カフェラテで飲む
アメリカーノで飲む


苦みが…という方は、ミルクと合わせたカフェラテで飲むことがおすすめ。ドリップコーヒーに近い味わいが飲みたいなら、アメリカーノで飲むといいでしょう。


スイーツに使ったりと他にもまだまだ応用できるんです。このように、自分に合った方法で飲むことができるのが魅力的ですね。

僕は、ドリップコーヒーよりも香りと味が凝縮されて楽しめる「そのまま飲む」が好きですねー


理由3:価格がリーズナブル


個人で使えるといっても、高いんでしょ?」と思われる方もいるでしょう。

そんなことありません。マキネッタは、ドリップコーヒーに必要な道具よりもリーズナブルに手に入れることが可能です。


ドリップコーヒーには、ドリッパーやフィルターやポット、サーバーなどが最低限必要。すべて集めると安くても5000円以上はかかるでしょう。

一方で、エスプレッソはマキネッタだけでOK。3000円程度で高品質なマキネッタを購入できます。


安く手に入り、おまけに荷物も少なくなる。キャンプとの相性は抜群ではないでしょうか。


関連記事>>【これで揃う】キャンプでドリップコーヒーを飲むのに必要なものは?淹れ方も

キャンプでも使えるエスプレッソメーカー

モカエキスプレス


おすすめのエスプレッソメーカーは、ビアレッティの「モカエキスプレス」です。

なぜなら、ボイラーにある水量目盛りがわかりやすく誰でもミスなく淹れられるから

マキネッタは加熱中に吹きこぼれがちなので、この点はかなり大きいと思います。

さらに、スタイリッシュなデザインがキャンプ映えすること間違いなし!


クレマ(液面に浮かぶ非常にキメの細かい泡)を楽しみたい本格派の人は、ブリッカがおすすめです。

少し高価ですが、特殊バルブが内蔵されたモカエキスプレスの進化版直火式のマキネッタで唯一、本場イタリア式のクレマが乗ったエスプレッソをつくれて、クリーミーな泡立ちとまろやかな口当りを楽しめますよ。


ビアレッティ「モカエキスプレス」でエスプレッソの淹れ方

マキネッタからコーヒーを淹れる


モカエキスプレスを使ったエスプレッソの淹れ方を紹介します。用意するものも少ないため手軽に淹れられますよ。

用意するもの


用意する物は、4つだけ。

用意するもの1.マキネッタ
2.深煎りコーヒー
3.
4.バーナー


ポイントは、コーヒーは深煎りを選ぶこと。深煎りだと苦味やコク、重圧感が前面に出てきてエスプレッソ本来の味を楽しむことができます。

ただ、個人的には、浅煎りの豆でエスプレッソもおいしい。とてもフルーティーな味わいで違った楽しみ方があります。興味があったらチャレンジしてみてください!

手順


マキネッタは、ボイラー、バスケット、サーバーと3つのパーツに分かれています。

それらを使った手順は単純。

手順1.サーバーに水を注ぐ
2.コーヒー豆をバスケットすり切りまで入れる
3.全てセットしバーナーで弱火で加熱


これだけです。数分立つと、独特なコポコポという音が出てくるので完成の合図。

イメージがわかない方は、上記の動画を見てみてください。


モカエキスプレスの3つの注意点

コーヒーがこぼれる


モカエキスプレスを選ぶときや使ううえで注意点があるので紹介します。

注意1:初めにシーズニングする


届いたばかりのモカエキスプレスは、製造過程で潤滑油が使われていたのか少し油っぽい感じがします。

そのため、まずしっかりと洗剤で洗いましょう。


そして次にシーズニング。これをやらずに淹れると、コーヒーに金属臭がつき風味が台無しになってしまうんです…

新品の鋳鉄製のダッチオーブンやスキレットは、油を熱したりしますよね。これをマキネッタでもやります。

具体的には、実際に2,3回コーヒーを淹れること。この時に使うコーヒー粉は、賞味期限切れのコーヒーなど不要なコーヒーで構いません。

これで金属臭や油っぽさを取り除くことができます。


間違っても飲まないでくださいね(笑)

注意2:飲む量によってサイズを選ぶ


マキネッタのサイズは、メーカーにもよりますが1人分~18人分などと様々あります。そのため、どのサイズを選ぶか迷うかもしれません。


結論から言うと、「自分の飲む量に適したサイズ」を選んでください


マキネッタの構造上、量の調節ができません。例えば、6カップ用は毎回6カップ淹れなければならないのです。

大きければいいということではないことを覚えておきましょう。


一人で飲む方には2-3カップ用、ファミリーなら6カップくらいが適切でおすすめです。

注意3:洗剤で洗ってはいけない


使い終わったモカエキスプレスは、洗剤で洗わないでください。

汚くない?」と思うかもしれませんが、モカエキスプレスは使うたびにコーヒーの油分が付いて、使うたびに味わいが深くなっていきます。

それを洗剤で洗い流してしまうと、油分が落ちるだけでなくシーズニング前の状態になってしうのです。金属臭の復活です…

洗うときは、水またはお湯で洗うようにしましょう。

まとめ:手軽にエスプレッソを飲んでキャンプのコーヒーをワンランクアップしよう!


マキネッタであれば、ご家庭でもエスプレッソを気軽に楽しめます。

そのマキネッタは、使いやすさや味わい、デザインからモカエキスプレスが断然おすすめ。キャンプとの相性が抜群です。

モカエキスプレスで新しいキャンプのコーヒーライフを楽しんでください!



次の記事>>【コーヒー初心者】ミルの選び方とおすすめを紹介!失敗を避けたい人へ




-Coffee
-,

© 2021 Iwaken Blog