Coffee

寝る前にコーヒーを飲むと太る?痩せる?ダイエットへの影響とは

寝る前にコーヒーを飲むと太る?痩せる?ダイエットへの影響とは


コーヒーを飲むと太る?痩せる?
寝る前でもそれは同じなのかな?
そもそもダイエットにコーヒーがどう関係する?


このような疑問に対して、お答えしてきます。

本記事の内容
・コーヒーとダイエットの関係
・寝る前にコーヒーを飲んでも太らない飲み方
・寝る前におすすめのコーヒー



「コーヒーには痩せる効果がある!」
「コーヒーを飲んで太った…」

などといろんな噂があり、どっちだよ!って思いますよね。

よくコーヒーを飲み体重を気にしている方は、どっいが正しいのかはっきりさせたいはず。


簡単に結論から言うと、

「正しい飲み方をすれば、太ることはありません。」

むしろ痩せることにもつながります。


ただし、間違った飲み方をすると太る可能性もあります…

この記事では、その正しい飲み方と寝る前におすすめのコーヒーを紹介します。

大好きなコーヒーを利用して、わがままボディから卒業しましょう!

関連記事>>寝る前にコーヒーを飲みたくなる時どうすればいい?理由や対策とは


寝る前にコーヒーは太る?痩せる?ダイエットとの関係

太っている人とコーヒー


結論、飲み方がよくないと太ります。

本来、カフェインには脂肪燃焼効果があり、痩せる成分だと言われています。

しかし、カフェインにはそのようなメリットだけでなく、
デメリットもあり、間違った飲み方次第では太る要因になる可能性があるのです。

簡単に説明しますね。

コーヒーと合わせて食べたくなる


カフェインが体内に吸収されると、コルチゾールという、
ストレスホルモンが増加し、食欲抑制の働きが弱くなります

その結果、体が糖分を欲するようになるため、
夜食やお菓子など食べてしまうようになり、脂肪が増えてしまうのです。

飲みすぎて寝つきが悪くなって太る


コーヒーのカフェインによる覚醒作用により、寝られなくなることをご存じの方は多いでしょう。

夜寝る前にコーヒーを飲んで寝つきが悪くなり、それが原因で太るようになります。

睡眠の質が悪化することで、寝てる間に作られるはずの成長ホルモンが十分に作られなくなってしまうのです。

脂肪燃焼の効果がある成長ホルモンが、寝てる間に作られる十分に作られなくなることで太る、という結果になってしまいます。

砂糖を入れていると太る


コーヒーに砂糖やミルクを入れると、カロリーが増加します。

一般的に、ブラックで飲むときに比べ約5倍もカロリーが高くなるそうです。

毎回、続けると当然ながら太ってしまいますね。

ブラックが苦手な人にはつらい…


寝る前にコーヒーを飲んでも太らない飲み方

顔のコーヒー


これから紹介する飲み方を取り入れることで、
寝る前にコーヒーを飲んでも、カフェインのデメリットを最小限にできます

そして、痩せることにも期待できるでしょう。

時間を守って飲む


カフェインの効果は、体内に取り入れてから30分後~4時間ほどかけて続くといわれています。

そのため、飲んだらすぐに影響が出るわけではありません。

なので、飲んだらすぐに眠ることで寝つけには支障は出ないでしょう

また、ホットコーヒーにすることで、温かいの飲み物で身体を温め、
体温が下がる時に眠気が促されるため寝る前には向いているといえます。

適量を飲むようにする


寝る前コーヒーの量は、100mlを目安にしましょう。

この量であれば、メリットを得られつつ、
カフェインによる睡眠への影響をを受けにくなります。

コーヒーは「1日に4杯まで」なら体に悪影響がないとされています。
この量も意識することが大事!


カフェインレスコーヒーに置き換える


太らないベストな改善策は、寝る前にコーヒーを飲まないことです。

しかし、今まで習慣になっていた人にとって、それはあまりにも酷ですよね。


そんな寝る前にも量を気にせず飲みたい人は、カフェインレスコーヒーに置き換えましょう。

カフェインレスコーヒーは、90%以上カフェインを除去したコーヒーなので、
寝る前に飲んでもカフェインの影響を受けにくくなります。

なおかつ、コーヒーの香りに含まれるリラックス効果などはそのままなので
むしろ眠りが向上する可能性もありますよ!

寝る前だけでも置き換えてみることから始めてみてくださいね。

寝る前に飲んでも太る心配ない!おすすめのカフェインレスコーヒー3選

コーヒーとベッド


先ほどにも書いた通りカフェインレスコーヒーは、
カフェイン含有量が少ないため、眠りへの影響が少なくなります。

そのため、成長ホルモンの分泌が減少する可能性も低くなるということですね!

しかし、「カフェインレスコーヒーはおいしくない」というイメージがある人も多いのも事実。

そんな人のために、コーヒーと味や風味がほぼ変わらない、
飲みやすくておいしいカフェインレスコーヒーを紹介します。

1.手軽に買えておいしいカフェインレスコーヒー

小川珈琲店のコーヒー


小川珈琲のカフェインレスコーヒーは、今まで飲んだ市販の中でかなり飲みやすいです。

香りはコーヒーそのもので、華やかなフルーティーの香り。
なおかつ、カフェインレスコーヒー独自の嫌な酸味もありません。

大型スーパーなら見かけることもあるので、
手軽に購入したい場合は、小川珈琲がおすすめです。


2.寝る前にはぴったりなカフェインレスコーヒー

7つのGABAカフェインレスコーヒー


ブルックスのカフェインレスコーヒー はGABAが含まれています。

このGABAの成分がリラックス効果を与え、自然な睡眠欲を促してくれるのが特徴です。


味も多少コーヒーよりは落ちるものの、嫌な酸味などはなく香りもいい。

実際に90%以上の人が味や効果に満足し、リピートもされています


筆者もコーヒーの飲みすぎが原因で睡眠の問題に悩まされていたんですが、
このコーヒーを寝る前に飲むことで緩和されました。

コーヒーも飲みながら、良質な眠りから健全な体に取り戻したい方にはぴったりです。


今なら、7パック980円(税込み)で「7日間のお試しセット」を飲むことができます。

効果を実感できるのか、試しに飲んでみるのもおすすめです。

関連記事>>寝る前に飲んでも眠れる!GABAカフェインレスコーヒーを徹底レビュー


3.ブラックが苦手な人におすすめフレーバーコーヒー

デカフェフレーバーコーヒー


妊娠・授乳中のママたちのために開発されたコーヒーです。

実際の子育てママがコーヒーを満足に楽しめないことに疑問を感じ、
コーヒー好きの女性が開発したカフェインレスコーヒー。

ナッツやココアなどの甘さを感じるので、
ブラックコーヒーの苦さが苦手な人にも飲みやすい味なのが特徴。


安心・安全はもちろん、「心が癒される」「ホッと一息つける」
そんなコーヒーなので、甘さも欲しい人のはおすすめです。


まとめ:正しい飲み方であれば寝る前にコーヒーを飲んでも太らない


寝る前でも正しくコーヒーを飲めば太ることはありません。

むしろ、カフェインの力で痩せる可能性さえあります。

太らない飲み方

時間を守って飲む
適量を飲むようにする
カフェインレスコーヒーに置き換える


カフェインと睡眠の影響のバランスがポイントだということですね。

質のよい睡眠はダイエットだけでなく、色んなメリットがあるので
今回紹介した飲み方を参考に、試していただければと思います。

また、最近のカフェインレスコーヒーもおいしいモノがたくさんあるので、
苦手意識がある人も、ぜひ取り入れてみてくださいね。


次の記事>>朝コーヒーのメリット・デメリット|その飲み方正しい?チェックしよう




-Coffee
-,

© 2022 Iwaken Blog