コーヒー

寝る前にコーヒーを飲みたくなる時どうすればいい?理由や対策とは

寝る前にコーヒーを飲みたくなる時どうすればいい?理由や対策とは


夜、寝る前だけど無性にコーヒーが飲みたい。
睡眠に影響ありそうだし控えた方がいいのかな?


このような悩みに対して、お答えしてきます。

本記事の内容
・寝る前にコーヒーは飲んでいいのか
・寝る前にコーヒーを飲みたくなる理由
・寝る前にコーヒーを飲むと得られる効果
・寝る前のコーヒーを飲む注意点や対策
・寝る前に最適のコーヒーについて



夕食後や夜食ともに飲むコーヒーはおいしいですよね。

読書のような趣味と一緒に楽しむ時間も至高のひとときです。


ただ、「夜の寝る前にコーヒーを飲んでもいいのか?」
少し罪悪感がある人もいるのではないでしょうか。


実は、知られていない「意外な結果」「飲み方の工夫」があるんです。


この記事を参考に、夜でも気兼ねなくコーヒーを飲めるようになれば幸いです。


寝る前にコーヒーを飲みたくなったら飲んでいい?

キャンドルとコーヒー


結論、飲んでも大丈夫です。

大半の人は、寝る前にコーヒーを飲むと寝れなくなると思っていますよね。

しかし、寝る前のコーヒーは眠れなくなるどころか、リラックス効果さえあるといわれています。

ただし、これには正しい飲み方や注意点をクリアした条件を満たした場合にのみ有効。

のちほど、詳しく紹介するので参考にしてください!

なぜ寝る前にコーヒーを飲みたくなる?その理由とは

コーヒーとパソコン


そもそも、寝る前にコーヒーを飲みたくなる理由はどうしてでしょうか。

色んな諸説はありますが、「鉄分が不足している」という可能性があげられます。


ブラックコーヒーを飲むとほっとする、むしろ飲まないと落ち着かない。
このような現象にあてはまる人は、鉄分不足かもしれません。

鉄分が不足すると人間の身体は疲れやすくなるんですよね。

カフェインの作用でその疲れを一時的に和らげてくれるため、欲してしまうようになるんです。

習慣なども理由にあるから「そんな理由もあるんだ」くらいで参考にしてください。


寝る前にコーヒーを飲むと得られる効果

コーヒーを飲んでいる人


コーヒーを飲むことによって色んな効果がありますが、
ここでは、特に寝る前に飲むからこそ実感できる効果についてまとめています。

効果リラックスできる
身体の疲労が和らぐ
血流アップし睡眠を促す


1つずつ詳しく紹介します。

効果1:リラックスできる


コーヒーを飲むことで、リラックスすることができます。

なぜなら、コーヒーの香りに含まれる"ピラジン"という成分が、
人間がリラックスしている際に出る「アルファ波」を活性化させるから。

コーヒーを飲む人の多くは、リラックスしたくて飲んでいるのではないでしょうか。

同時に集中力も高まるので、読書や勉強が捗るのはこういう理由なんですね。

ちなみに、アルファ波が最も多く出現したのは、グァテマラとブルーマウンテンという結果もあります


α波が最も多く出現したのはグァテマラとブルーマウンテン。この2種の香りにはリラックス効果があることが立証されたのだ。香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」


効果2:身体の疲労が和らぐ


コーヒーを飲むことにって、筋肉の疲労を和らげることにも期待できます

カフェインによって血行を良くし代謝が高まることによって、疲労物質が外に排出されるからですね。

さらに、ドーパミンが活発になり、これらの相乗効果で疲労を感じなくなるようです。

効果3:血流アップし睡眠を促す


コーヒを飲むことで、血流アップの効果が期待できます

血の流れがよくなると代謝が上がり、身体の熱を外に放出しやすい状態になります。

熱を放出する際に、気持ちよく眠りに就くことができるようになるんですね。

寝る前にコーヒーを飲むときの注意点や対策

コーヒーと本


寝る前にコーヒーを脳ことで、リラックスできる等のメリットもあれば、
多くの方が心配しているように、寝れなくなるデメリットもあります。

しかし、飲み方によっては、睡眠への影響は可能な限り抑えることができ、
むしろ、快適な睡眠につながります。

ぜひ、これから紹介する方法を参考にしてください。

たくさん飲まない


寝る前コーヒーの量は、100mlを目安にしましょう。

この量であれば、メリットを得られつつ、
カフェインによる睡眠への影響をを受けにくなります。

ホットコーヒーで飲む


寝る前は、ホットコーヒーを飲みましょう。

睡眠前は温かい飲み物が適しています。

ホットの飲み物で身体を温め、体温が下がる時に眠気が促されるからですね。

冷たいコーヒーを飲んでいる人は、明日からにでもホットコーヒーに置き換えてください。

寝る3時間より前に飲む


コーヒーを飲むときは、寝る3時間前なのかどうか意識しましょう

コーヒーについては諸説が多くこれといって決まった情報はありませんが、カフェインの効果が持続する時間はだいたい3時間といわれています。

そのため、寝る前にはカフェインの効果がなくなるよう計算して飲むと、カフェインによる睡眠への妨げはなくなるでしょう。

わかってるけど、遅い時間に飲んじゃうんですよね…


ミルクを入れてカフェオレにする


中には、寝る直前までコーヒーを飲みたい方もいるんじゃないでしょうか。

そんな方は、せめてブラックコーヒーではなく、ミルクを多めに入れたカフェオレにしましょう

ミルクを入れることで、カフェインの量を減らせるだけだはなく、ミルクのリラックス効果も期待できます。

カフェインレスコーヒーに置き換える


とはいっても、「やっぱりブラックがいいな‥」と思ってる方もいると思います。

そんな方は、カフェインレスもしくは、ノンカフェインのコーヒーにしましょう


カフェインレスとは、文字通りカフェインを除去したコーヒー豆から作られたコーヒーのこと。

カフェインの影響は受けにくく、コーヒーアロマ特有のリラックス効果も得られます。


ただし、「味や香りはコーヒーよりも劣るんでしょ?」と、
カフェインレスコーヒーに対してマイナスイメージを持っている方もいるでしょう。

たしかに、カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーよりも、味や香りが劣ることが劣るものがほとんどですね…。


しかし、次に紹介するカフェインレスコーヒーは、
おいしいと評判で、睡眠前にこそ飲むべきコーヒー
です。

寝る前に飲むなら最適なコーヒー!明日から熟睡できる

7つのGABAカフェインレスコーヒー


カフェインレスコーヒーであれば、

「飲む量を気にする必要なし」
「ブラックでも飲んでも良し」
「コーヒーのメリットも得られる」

ので、夜寝る前にコーヒーを飲みたい人によって最適です。

味や風味について心配がある方もいると思いますが、
ブルックスの「GABAカフェインレスコーヒー 」は、普通のコーヒーと大差ないほどおいしいです。

92.3%が「おいしい」との実績があるため、筆者も実際に飲んで確認しました。

関連記事>>【レビュー】GABAカフェインレスコーヒーで眠れないをなくなる?


おいしいだけでなく、
この「GABAカフェインレスコーヒー 」の最大の特徴は、GABA効果でもたらす3つの効果です。

3つの効果睡眠の質向上
すっきりした目覚め
疲労感緩和


この効果で、寝つきが悪くなるどころか、逆に、自然な眠けを促してくれます

寝る前に気兼ねなくコーヒーを飲みたい方は、ぜひ試してほしいコーヒーです。


まとめ:飲みかた次第で寝る前にコーヒーを飲んでもいい!


飲み方さえ気を付ければ、寝る前でもコーヒーを飲んで問題ありません。

おすすめの飲み方・たくさん飲まない
・ホットコーヒーで飲む
・寝る3時間より前に飲む
・ミルクを入れてカフェオレにする
・カフェインレスコーヒーに置き換える


いままで寝る前コーヒーを飲むことに、罪悪感を感じていた人は、
今回、紹介した飲み方を参考にしてください。




-コーヒー
-

© 2022 Iwaken Blog