Coffee

夜にコーヒーを飲むメリット・デメリット|睡眠への影響とは?

夜にコーヒーを飲むメリット・デメリット|睡眠への影響とは?


・夜にコーヒーを飲むと寝れなくなる?睡眠に影響するのかな?
・飲みたい場合はどうすればいいか教えてください!


このような悩みや疑問に対して、お答えしてきます。

本記事の内容
・夜コーヒーのメリット/デメリット
・夜にコーヒーを飲む前に知っておきたいこと



夕食後のホットコーヒーや、甘いものと一緒に飲むコーヒーは格別ですよね。

だた、遅い時間や寝る前のコーヒーを飲むことは、あまりよくないと聞いたことがある方も多いと思います。

わかっていても、ついつい飲んでしまうんですよね…


はたして、夜コーヒーを飲むことはいけないのでしょうか。

気になり調べてみると、意外な影響や、夜のお供にぴったりなコーヒーを見つけました!


この記事を読めば、夜でも気兼ねなくコーヒーを飲めるようになりますよ!

夜コーヒーのメリット

夜のカフェラテ


夜にコーヒーを飲むとこんなメリットがあります。

メリット

リラックスできる
血流が良くなる
身体の疲労が和らぐ


それぞれ説明します。

メリット1:リラックスできる


コーヒーを飲むことで、リラックスすることができます。

なぜなら、コーヒーの香りに含まれる"ピラジン"という成分が、人間がリラックスしている際に出る「アルファ波」を活性化させるから。

夜コーヒーを飲む人の多くは、リラックスしたくて飲んでいるのではないでしょうか。

同時に集中力も高まるので、読書や勉強が捗るのはこういう理由なんですね。

ちなみに、アルファ波が最も多く出現したのは、グァテマラブルーマウンテンという結果もあります。


α波が最も多く出現したのはグァテマラとブルーマウンテン。この2種の香りにはリラックス効果があることが立証されたのだ。香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」


メリット2:血流が良くなる


コーヒを飲むことで、血流アップの効果が期待できます。

これは、コーヒーに含まれるカフェインが、血管を広げて血の流れをよくする働きをしてくれるから。

血の流れがよくなると代謝が上がり、身体の熱を外に放出しやすい状態をつくります。

熱を放出する際に、気持ちよく眠りに就くことができるんですね。

メリット3:身体の疲労が和らぐ


コーヒーを飲むことにって、筋肉の疲労を和らげることにも期待できます。

ここでも先ほどのカフェインが関係しますが、カフェインによって血行を良くし、代謝が高まると、疲労物質が外に排出されます。

さらに、ドーパミンが活発になり、相乗効果で疲労を感じなくなるということなんです。

カフェイン様様ですね(笑)


夜コーヒーのデメリット

コーヒーと標識


夜にコーヒーを飲むことによる、最大のデメリットは「寝れなくなる」ことでしょう。

カフェインによって脳が覚醒されるため、目が覚めててしまう恐れがあります。

この覚醒効果は、コーヒーを飲んでから約10分後から現れ、約3-4時間持続するとされています。

飲む量や飲み方によって「影響はないよ」という説など、諸説は色々ありますが、

ほとんどは、「睡眠に影響がある」という意見の方が多いという現状です。

関連
顔のコーヒーカップ
口が臭くなるって知ってた?コーヒーを飲むメリットとデメリットとは

続きを見る


夜にコーヒーを飲む前に知っておきたいこと

砂時計


夜コーヒーには、リラックスできるなどのメリットもあれば、寝れない可能性があるデメリットもあるんですね。

しかし、飲み方によっては、睡眠への影響は可能な限り抑えることができます。

その方法を、いくつかご紹介します。

寝る3時間より前に飲む


コーヒーを飲む場合は、寝る3時間前までにしましょう。

先ほど少しいいましたが、カフェインの効果が持続する時間はだいたい3-4時間といわれています。

そのため、寝る前にはカフェインの効果が薄くなるよう計算して飲むと、カフェインによっる睡眠への妨げはなくなるでしょう。

ミルクを入れてカフェオレにする


中には、寝る直前までコーヒーを飲みたい方もいますよね。

そんな方は、せめてブラックコーヒーではなく、ミルクを多めに入れたカフェオレにしましょう。

ミルクに含まれる"トリプトファン"のリラックス効果を期待できます。

さらに、ミルクを入れることで、単純にコーヒーの比率が減り、カフェインの量を減らせるのでダブル効果を得られます。

カフェインレスコーヒーに置き換える


とはいっても、「やっぱりブラックがいいな…」と思ってる方もいると思います。

そんな方は、カフェインレスもしくは、ノンカフェインのコーヒーに置き換えましょう。


カフェインレスとは、文字通りカフェインを除去したコーヒー豆から作られたコーヒーのこと。カフェインを90%以上取り除いたものを指します。

そのため、カフェインの影響は受けにくく、コーヒー特有のリラックス効果も得られます。

関連
カフェインレスコーヒーのメリット・デメリット|知らないとやばいです
カフェインレスコーヒーのメリット・デメリット|知らないとやばいです

続きを見る


夜にコーヒーを飲むならカフェインレスコーヒーにしよう!

7つのGABAカフェインレスコーヒー


カフェインレスコーヒーも検討してみようかなぁ。


夜コーヒーを飲んで睡眠への影響が気になる方は、ブルックスの「GABAカフェインレスコーヒー 」なんていかがでしょう。

このコーヒーは、GABA配合の機能系コーヒーで、まさに夜のお供にぴったり。

コーヒーとGABAの効果で、3つの効果が期待できます。

3つの効果

睡眠の質向上
すっきりした目覚め
疲労感緩和



夜コーヒーを飲んでも、寝つきが悪くなるどころか、逆に、自然な眠けを促してくれるんです。


「寝付きが悪いけど、どうしてもコーヒーを飲んでしまう…」


といったような悩みを持つ方は、飲んでみてほしいコーヒーです。


レビュー
寝る前に飲んでも眠れる!GABAカフェインレスコーヒーを徹底レビュー
【レビュー】GABAカフェインレスコーヒーで眠れないをなくなる?

続きを見る


まとめ:夜コーヒーを飲むメリット・デメリット


夜にコーヒーを飲むことで、メリット/デメリットの両方あります。

睡眠への影響が気になる方は、コーヒーを控えるのがベスト。

どうしても飲みたいのであれば、カフェインレスコーヒーに置き換えることがベターでしょう。

カフェインレスコーヒーと共に、食後のコーヒーや読書を楽しんでください!


あわせて読みたい
カフェインレスコーヒーは一日何杯まで飲んでいいの?
カフェインレスコーヒーは一日何杯までいいの?目安や影響を知ろう

続きを見る




-Coffee
-,

© 2021 Iwaken Blog