カフェインレス

カフェインレスコーヒーはまずい?それ選び方に問題があるかも!

カフェインレスコーヒー


・カフェインレスコーヒーってまずいよね。なんでコーヒーと味が違うの?
・おいしいカフェインレスコーヒーを教えて!


このような悩みに対して、お答えしてきます。

この記事を読むことで、まずい謎が解けて、おいしいカフェインレスコーヒーを選ぶことができます。

本記事の内容
・カフェインレスコーヒーがまずい3つの理由
・おいしいカフェインレスコーヒーを紹介
・まとめ



「カフェインレスコーヒーはまずい」

と思って避けている人はいませんか?


初めて飲んだカフェインレスコーヒーがまずくて僕も同じでした。


実はカフェインレスコーヒーがおいしくないのは理由があるのです。


その理由は3つ。

1.コーヒー豆の質
2.偽物のカフェインレスコーヒー
3.カフェイン処理に問題がある



正しく選ぶことでおいしいカフェインレスコーヒーを飲むことができるんです。


良くも悪くも「不味いものからおいしいもの」を飲んだ経験のある僕が、理由とおすすめのカフェインレスコーヒーを紹介します。


最後まで読むことで、妊婦さんやカフェインを抑えたい人は間違いなく参考になりますよ。

カフェインレスコーヒーがまずい3つの理由

絶望している人


先ほどお伝えしたように、カフェインレスコーヒーがまずいのは理由があります。


この理由に当てはまるカフェインレスコーヒーを選んでいるため、まずい印象を持っている人が多いのです。


逆に、これから紹介する理由に当てはまるカフェインレスコーヒーを避ければ、おいしいカフェインレスコーヒーを飲むことができますよ。


それでは説明します。

理由1:コーヒー豆の質が悪いから


理由の1つに、コーヒー豆自体の質が悪いことが挙げられます。


では、なぜ質の悪いコーヒー豆を使うのか。


それは、カフェインを除去する工程にコストがかかるためです。

カフェインレスコーヒーは、通常のコーヒーからカフェインを除去する工程があります。


詳しくは後ほど説明しますが、この工程はもちろんコストがかかるんですね。


つまり、どうしても同じ豆でも最終的にカフェインレスコーヒーの方が高くなってしまうんですよ。


安いほうが需要があるのは当たり前。

そこでコストを抑えるためにも、豆自体の質を下げるので味が悪くことにつながってしまうのです。

安いコーヒーが悪いのではありません。
おいしいカフェインレスコーヒーを求めるならば、極端に安いものは選ばない方がいいでしょう。


理由2:なんちゃってカフェインレスコーヒーだから


○○コーヒーと名のつく代用品を飲んでいることも考えられます。


例えば、「たんぽぽコーヒー」や「大豆コーヒー」。


これらは、名前コーヒーとついていますが、原料でコーヒー豆は使われておりません。

つまり、コーヒーではないのです。


味も「ほうじ茶のようなお茶に近い味」や「嫌な酸味や苦みがかなり強いコーヒー」と、コーヒーとはかなり異なります。


ノンカフェインであることは間違いないですが、コーヒーではないので、コーヒーと思って飲んでいる方はそれは、おいしくないと感じるでしょう。

理由3:カフェインを除去する過程に原因があるから


コーヒー豆からカフェインを除去するときに、コーヒーの成分も抜けてしまうため風味が落ちてしまいます。


除去する方法によっては、限りなく風味を落とさず良質なカフェインレスコーヒーにもなるんですが…

それには、コストが伴います。


市販品などの多くのカフェインレスコーヒーはコストを下げるため、カフェインと一緒に風味も抜けてしまっていることが多いでしょう。



ちなみに、カフェインを除去する方法は主に3種類。


「超臨界二酸化炭素抽出」という方法はカフェインを除去する際に全くコーヒーの味を損ないません。


その理由やその他の方法については以下の記事が参考になります。

関連記事>>そのコーヒー危険かも!安全なカフェインレスコーヒーとは|作り方も解説

除去方法によっては身体に危険もあるので、知っておきましょう!


まずいから卒業!おいしいカフェインレスコーヒーはこれ

卒業


実際にいろんな種類を飲んで、おいしいと感じたカフェインレスコーヒーをご紹介します。


市販品からこだわりのカフェインレスコーヒーまで幅広く選びました。

コスパに合わせて選んでみてください。


中には、カフェインレス+睡眠効果にも期待できるコーヒーもあるので、カフェインの取りすぎで悩んでいる人にはおすすめです。

手軽く買える市販のカフェインレス

小川珈琲店のコーヒー


小川珈琲のカフェインレスコーヒーは今まで飲んだ市販の中でダントツにおいしい。


香りはコーヒーそのもので、華やかなフルーティーの香り。


大型スーパーなら見かけることもあるので、気にしてみてみてください。


おいしさを追求したカフェインレス

ブルーボトルコーヒー


BLUE BTTLE COFFEE(ブルーボトルコーヒー) のカフェインレスコーヒーがかなりおいしい。

普通のコーヒーに定評があり有名ですが、カフェインレスコーヒーにも力を入れており普通のコーヒーの味と大差ありません。


例えば、「ナイトライト ディカフェ」はウォータープロセス製法という水を使う方法でカフェインが除去されているため、安全性と味を保障。


なおかつ、デカフェでは再現しにくいクリーミーな味わいも楽しめるコーヒーとなっています。


スーパーなどで売っているカフェインレスコーヒーで満足できない方は、試してみてはいかがでしょうか。

有名ブランドなので、贈り物としてもうれしいですね。



リラックス効果があるカフェインレス

GABAカフェインレスコーヒー


ブルックスのカフェインレスコーヒー はGABAが含まれています。

このGABAの成分がリラックス効果を与え、自然な睡眠欲を促してくれるのです。


味も多少コーヒーよりは落ちるものの、嫌な酸味などはなく香りもいい。

90%以上の人が味や効果に満足し、リピートもされています。


実際に僕も、コーヒーの飲みすぎが原因で睡眠の問題に悩まされていたんですが、このコーヒーを寝る前に飲むことで緩和されました。


大好きなコーヒーを我慢せず、睡眠の悩みを解消したい方はかなりおすすめ。


今なら、7パック980円(税込み)「7日間のお試しセット」を飲むことができます。

関連記事>>寝る前に飲んでも眠れる!GABAカフェインレスコーヒーを徹底レビュー


まとめ:正しく選んでおいしいカフェインレスコーヒーを飲もう!

虹色コーヒーカップ


カフェインレスコーヒーがまずい理由について解説しました。

理由をおさらいすると

ポイント

・コーヒー豆の質が悪いから
・なんちゃってカフェインレスコーヒーだから
・カフェインを除去する過程に原因があるから



これだけに注意すればおいしいカフェインレスコーヒーと巡り合えます。


紹介した商品は、香りも味もコーヒーに劣らずおいしいので、カフェインレス選びに悩んでる方は参考にしてください。



次の記事>>カフェインレスコーヒーのメリット・デメリット|知らないとやばいです




-カフェインレス
-,

© 2021 Iwaken Blog