LIFE

アップリカの"ニオイポイ"を使ってみた感想!激安で使える方法発見

アップリカの"ニオイポイ"を使ってみた感想!激安で使える方法発見


・赤ちゃんのオムツがめちゃくちゃ臭い
・部屋にニオイがこもる
・かといって毎回、密封するのはめんどくさい


オムツって意外と臭いますよね。

そのまま捨てると、
部屋の中までオシッコやウンチのニオイで充満してしまうことも。

このような悩み、アップリカの"ニオイポイ"が解決できます。

この記事を読むことで、簡単にオムツの嫌なニオイからお別れすることができるでしょう。



本記事の内容
・ニオイポイとは
・ニオイポイの使い方
・ニオイポイを使ってみた正直な感想
・ニオイポイを使ってみてわかったデメリット
・補足:ニオイポイをリーズナブルに使う方法
・まとめ:ニオイポイを使って臭いオムツとはおさらばしよう


赤ちゃんはミルクしか飲んでないから、オシッコやウンチが臭くないと思ったらそんなことありません。

めちゃくちゃ臭いです。

僕も甘く考えており、すぐに"ニオイポイ"を購入しました。

購入後、劇的に改善したので、今回は"ニオイポイ"の使ってみた感想を記事にします。

オムツ臭に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ニオイポイとは

ニオイポイ


一言でいうと、オムツ専用のごみ箱です。

"ニオイポイ"本体と専用のカートリッジをあわせて使います。

専用のカートリッジには、強力消臭成分配合されており99%のニオイを防げるとのこと!

また、ニオイだけではなく防菌までできちゃいます。


値段


"ニオイポイ"本体は、2,090円(税込み)
専用カートリッジは、3個セットで2,520円(税込み)

専用カートリッジは消耗品なので、こちらだけ買い続ける必要があります。

使い方によって人それぞれですが、カートリッジ1つで約1か月持ちます。
※オムツを1日5回交換する場合

部屋の中を充満させるあのニオイが消えるならば、安いんじゃないでしょうか。

サイズ

ニオイポイとオムツ


サイズは、W218×D364×H490(mm)。

数字だけではイメージしにくいので、写真を参考にしてください。

どこにおいても邪魔にならない大きさです。

また、1度に約3日間分のオムツをためることができます。
※オムツを1日5回交換する場合

毎日捨てる必要がなくなるので、時間がないお母さんお父さんにはうれしいですね。

ニオイポイの使い方

ニオイポイのフタを開けた


フタを開けるとこんな感じになってます。

円状の入り口にカートリッジを着けていきます。

ニオイポイのカートリッジ


カートリッジはこんな感じ。

丸いぽつぽつを上にして、周りのビニールを伸ばします。

カートリッジの袋を伸ばした


こんな感じに伸ばしていきます。

伸ばしたビニール袋を結びます。

これで、オムツが漏れるのを防ぐことができるようになります。

ビニールを結ぶ


結べました。

この状態で"ニオイポイ"本体に装着します。

ニオイポイとカートリッジを装着


装着できましたね。

更に、結び目を"ニオイポイ"のフタの中へ押し込みます。

結び目をニオイポイの中へ押し込む


フタが弁になっているので、少し強めに押し込む必要があります。

ニオイポイ完成


手を抜いたら完成です。

カートリッジの上下の見極めやビニールを程よい長さに引き出すコツなど、
慣れないと時間がかかりますが、2,3回やれば30秒くらいで着けることができます。

ニオイポイを使ってみた正直な感想

YES or NO と書いている手


家の中からオムツ臭が消えたので大変満足です。

"ニオイポイ"がなかったときは、外から帰ってくると
「あれ、なんか臭うな」
と思うことが多かったのですが、

それ一切なくなりました。

また、今まではオムツを1個ずつビニール袋で縛って捨ててましたが、
その手間もなくなりました。

これらの点から、カートリッジのランニングコストを考慮しても買ってよかったと思います。

ニオイポイを使ってみてわかったデメリット

NO


前述したとおり、買ってかなり満足していますが、使い方次第では若干臭ったりします。

また、ほかにも使っているうえで気になった点があるのでを紹介します。

捨てるときは少し臭い


袋がいっぱいになりカッターで切るときは、どうしても中の空気が出てきてしまうので臭います。

また、オムツで引っかかって弁になっているフタが半開きになっていると完全に密封できません。

こうなると結構ニオイが漏れます。

逆に、オムツをしっかりと中に入れればOKなので、これだけ注意すれば快適に使えます。

量がそんなにためられない

蛇のように伸びたビニール


専用カートリッジのせいで、箱いっぱいにためられないのです。

どういうことかというと、
専用カートリッジは、オムツをためた袋が写真のように細長く蛇のように伸びていきます。

そのため、
どうしても箱の中に無駄なスペースが生まれるのです。

箱いっぱいに貯めることができれば、3日以上ためられると思います。

専用カートリッジが高い


カートリッジを交換する必要があるので、ランニングコストがかかるんです。

「ニオイが消えるって言っても、3か月2500円は高いよ…」
と思う方もいるでしょう。

補足:ニオイポイをリーズナブルに使う方法

鉢に植えられているお金


前述した、無駄なスペースランニングコストを解決する方法があります。

それは、専用カートリッジの代わりに45Lゴミ袋を使うことです!

45Lゴミ袋は、50枚入りで200円程度という安さ+箱いっぱいに広がるようにためることができるので
専用カートリッジの欠点を補うことができます。

ただ、消臭力はカートリッジよりは劣ります。

ベンの弁が閉まっているので、普通に捨てるよりはマシですが、
あくまでも、ランニングコストを抑えたい!という方は参考にしてください。

リーズナブルに使う方法|実践


まず、使い終わり空になったカセットを準備します。

空っぽのニオイポイ


ゴミ袋をカセットに通します。

ニオイポイにビニールを通す


通したビニール袋を、ニオイポイの本体の中に入れていきます。

ニオイポイにビニールを通す


上の部分を少し残しある程度通したら、
上の部分をカセットに巻き付けていきましょう。

ニオイポイにビニールをまく


最後にカセットをセットして完了!

ニオイポイセット完了


専用カートリッジのような安定感はないです。
オムツを入れる際に、必要以上のビニールが中へ巻き込まれてしまいます。
でも、ビニール1枚が5円ほどなので専用カートリッジよりもお得ですよ!


まとめ:ニオイポイを使って臭いオムツとはおさらばしよう

赤ちゃんの足


アップリカの"ニオイポイ"を使ってみた感想について解説しました。

部屋にこもる嫌なニオイはびっくりするほどなくなります!

捨てる手間も省けるので時間的な余裕も生まれるでしょう。

オムツのニオイに悩んでいる方は、
ぜひ、"ニオイポイ"を使ってみることをおすすめします。




-LIFE
-

© 2021 Iwaken Blog