LIFE

【習慣化】継続する5つのコツ|特別なことは必要ありません

歩いている人


・モノゴトを継続できず3日坊主に終わってしまう
・「なりたいもの」があるけれども続けられない


細マッチョになってモテたい
資格に合格したい

などなど...

なりたいものがあるのに「続けられない!」

このような悩みを持っている人に向けて、お答えしてきます。

この記事を読むことで、継続するために何をすればいいのか理解し、目標を達成することができるでしょう。

本記事の内容
・継続するために必要なこと
・継続する5つのコツ
・まとめ:継続を習慣化して目標を叶えよう


継続することは難しいです。
僕も、何か始めてもすぐにやめてしまった経験があります。

そんな僕でも今では

・ほぼ毎日執筆し、副業ライターで平均5万/月を稼いでいる
・大量生産といわずとも、ブログを続けている

のように続けられているものがあります。

継続するコツを知っていることで続けられることができています。

コツはざっくり以下です。

継続するコツ

1.今日やることだけを考える
2.楽しみながら実行する
3.目標を細かくする
4.常に結果を記録する
5.結果が出たらご褒美をあげる


詳しくは、後ほど解説していきます。

継続するために必要なこと

本の羅列


継続するために必要なこと

それは「習慣」にすることです。

朝起きたら歯を磨きますよね。
どんなに目覚めが悪い朝でも歯は必ず磨くと思います。

逆に、歯を磨かなかったら気持ち悪くもなりますよね。

このように、やらないと気持ち悪いと思えると習慣になってるといえます。
この状態になったら、続ける努力もいりません。

そのため、継続したいことを習慣にすることが必要です。

継続する5つのコツ

パソコンに張られた付箋


「習慣にするのはわかったけど、それができたら簡単だよ」

と思う人はいるでしょう。

習慣化するためのコツを紹介します。

今日やることだけを考える


先の目標は見ずに、「今日」やることだけ集中しましょう。

筋トレを例にすると、
目標はモリモリのマッチョか、モテモテの細マッチョですよね。

ただ、1日や1週間ではなれません。

ましてや、変化はあまり見られず、他人からも変化に気付かれないでしょう。

そのように努力している人は素晴らしいです。

ただ、その落胆が「どうせやっても変わらないから、今日はやらない。」というようになり、
やらない期間が続くと、2度と筋トレをやらなくなってしまいます。

先のことを考えれば考えるほど「続ける」ことに対してブレーキがかかってしまいます。

目標の姿を一度頭から切り離して
その日のメニューを「今日」、「今」のみ考えればいいんです。

楽しみながら実行する


「楽しい」と思えば、毎日、頑張って腰を上げて努力しなくても勝手に継続できます。

子供のとき、毎日ゲームや遊びをすることは苦ではなかったですよね?

それは「楽しい」からです。
つらいことを続けるのは誰でもできません。

もし、あなたに続けたいことがあるのなら、続けたいことの中に楽しさを見つけてみてください。

「友達と筋トレをする」
とかですね。

楽しいことを発見しましょう。

目標を細かくする


できるだけ目標は細かく設定しましょう。

ダイエットしたことがない人が、
「10キロのダイエットをする!」と
目標を掲げた瞬間、脳は「無理!」と判断します。

「できるかも?」という考えがないので、ワクワクも楽しさも生まれません。

では、「1か月に2キロダイエットする!」はどうでしょうか。

「頑張ればいけそうだな」と思い、モチベーションが上がりますよね。
これを半年続ければ目標達成します。

目標を大きく掲げることはいいことですが、腰が上がらず行動しないのであれば意味がありません。

目標を細分化して、1つ1つクリアすることにフォーカスしましょう。

常に結果を記録する


目標を達成したいものを、毎日、記録をつけることによりモチベーションアップにつながります。

それが、ダイエットであれば、毎朝必ず体重計に乗って体重を記録するのです。

昨日より体重が落ちていれば、嬉しいし「今日も頑張ろう」というような気持ちになれます。

それが楽しさに変わるので継続することができます。

僕は、毎朝起きたら必ず体重計に乗って体脂肪率を測ります。
昨日よりも下がっているとニヤニヤして、今日も頑張ろうと思えますね。

毎回、記録をつけましょう。

結果が出たらご褒美をあげる


目標が達成したときは自分にご褒美をあげましょう。

自分自身ではなく、誰かからもらった方が嬉しさも倍増するので有効です。

僕の場合は、
「1日で10000字の記事を書き上げた」日は缶ビール1本飲んでもいいというように決めています。
お酒が好きなので、このために「頑張ろう!」というように思えます。

そして、大好きなビールも飲めてやる気というガソリンが注入されます。

このように、細分化した中目標や、大目標が達成したときにご褒美を上げることで、継続する糧となります。

補足:まず始める

とはいえ、
どうしても継続を意識すると腰が重くなりなかなか始められないという人はいます。

僕も前述する5つのコツに気付くまでは、1文字も書かない日なんかもありました。

ただ、「やる気」を出すためには、「まずやる」ことです。

「それができないんだよ!」と思うでしょう。
でも、残念ながら「まずやる」しかないのです。

「この番組を見てからやろう」や「ポテチを食べたらやる気でるはず」
などのように行動している人は続かないでしょう。

「1行でも書いてみる」「10回でも腕立てしてみる」ことでやる気が出ます。

騙されたと思ってやってみてください。
やる気が出るのを待ってたらいつまでたっても始められません。

少しでも手を付けてみましょう。

まとめ:継続を習慣化して目標を叶えよう

山の頂上に座っている人


継続するために必要なことは「習慣」にすることということをお伝えしました。

また、継続するコツは以下です。

1.今日やることだけを考える
2.楽しみながら実行する
3.目標を細かくする
4.常に結果を記録する
5.結果が出たらご褒美をあげる
補足:まず始める


これらを意識して行動することで習慣化していきましょう。

継続は力なりです。




-LIFE
-

© 2021 Iwaken Blog